FC2ブログ
 
■プロフィール

あいあい

Author:あいあい
はじめまして
詩と花と野菜を作っています
お粗末な詩を読んで頂き
ありがとうございます

■最新記事
■最新コメント

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

人魚

 

             電車の窓の青い空に

          白い雲が浮かんでいた

        大きな魚のしっぽを掴んで

           人魚がゆらゆら泳いでいた

        大きな魚があなた!

          小さな人魚がわたし!

        めちゃいいシーンだったのに

          電車が追い越して

        人魚も魚も行ってしまった    



| 17:44:00
いい加減

 

      舌が痺れるほど

        渋いお茶がいい

      渋ければ渋いほどいい

        急須でお茶を濃く入れて

      小振りの湯飲みでゴクンと飲むと

        渋すぎる味が喉を下り

      甘すぎるわたしがちょうどいい加減になる    



| 16:16:00
はい、チーズ

  

        スマホを片手に歩いていたら

          道端で二輪並んで咲いていた

        小鬼たびら子に頼まれた

          「わたし達を撮ってください!」

        ラブラブの素敵な写真になるといいなぁ 

          「はい、チーズ!」       



| 18:48:00
探し物

  

          春先から探し物が増えた

            帽子はどこなの?

          マフラーはどこなの?

            手袋はどこなの?

          探すのがだんだん面倒になって

            無しで済ませていると

          無しでもだんだん平気になってきた



| 06:41:00
リンク

 

      「リンク」って何だろう?

        プロレスの「リング」のことだろうか?

      リングの上に乗ってジャンプしたり飛び蹴りしたり

        リングをばねにして体当たりしたり

      リングに弾かれてばたっと倒れたり

        リングを揺らしてみたり跨いでみたり

      ロープで囲まれた「リング」ならよく知っているが 



| 18:29:00
なめくじとわたし

 

      わたしとなめくじは好みが似ている

        レタスとキャベツが好き

      わたし達は毎日戦っている

        なめくじはぬるぬるだけが武器

      でも大勢の仲間がいる

        一匹やっつけても次から次へと出てくる

      なめくじを取って

        長靴でぎゅぎゅっと踏みつける

      でも葉と葉のすき間に沢山いて

        たじたじとなって

      負けそうになる   



| 06:32:00
水色の空のあなた

 

     六月の水色の空にあなたが満ちていて

       あなたに見とれていたら指の先まで痺れて来て

     ふらふらと目まいもして来て

       家にたどり着いたら倒れ込んで

     わたしはそのまま寝込んでしまった

       油絵具の青と白をチューブから絞り出して

     二つをぬるぬるとかき混ぜたら出来るほど

       単純ではない六月の水色で

     わたしを痺れさせる水色で

       六月の水色の空にあなたが満ちていた



| 06:17:00
亀は亀

  

        亀のようにのろいのに

          兎のように昼寝をする

        亀のように歩き続けねばならないのに

          兎のようにすぐ休憩する

        亀のようなわたしは昼寝をしてはいけません

          兎のように休んではいけません

        それでは兎に勝てません

          でも亀は「甲羅干し!」と言って

        石の上で昼寝をしている

          亀は亀、兎は兎、わたしはわたし!



| 06:08:00
雲の昼寝


        分厚くて丸々太った雲があちこちで

          横にたなびく筋雲をハンモックにして

        皆あおむいて昼寝をしていた

          顔や胸や腹が六月の陽を浴びて

        銀色に光り輝いていた

          「風が吹かないから仕方ないんだ」と

        皆あおむいて昼寝をしていた       



| 06:21:00
ヤモリは家守

 

        家の外壁にへばりついていた

          ヤモリとばったり目が合った

        ここ十何年さっぱり姿を見なかったけ

          ここも少しは住みやすくなったのかなぁ

        ここも少しは自然に近づいたのかなぁ

               NO~~~

        ここの家が相当古くなったのだ!  




| 05:54:00
次のページ