FC2ブログ
蜘蛛の巣城

   女郎蜘蛛が消えたの

    みかんの葉とゆずの葉をつないだ

  糸だけが残っていたの

    ・・・・・・・・・

  大きな立派な蜘蛛の巣だったの

    お城みたいだったの

  自分が築いたお城の真ん中で

    頑張ってたの

  周りにもお城が沢山あったけど

    最後のお城だったの

  最後の「蜘蛛の巣城」が敗れたの

    最後までよく戦ったの

  よく頑張った♡よくやった♡最高♡






| 07:00:00
正月と口喧嘩

  正月が近づくと

    口喧嘩が始まるの

  しなくっちゃならない自分と

    したくない私の口喧嘩が始まるの

  ずぼらな私は「したくない!」と言い張るの

    真面目な自分は「しなくっちゃだめ!」と怒るの

  大晦日まで続くの

    でも正月が来たらぴたっと止むの

  正月はすごい!

 





| 06:53:00
どこまでも一緒に

  雑木林の坂道を登っていたら

     黄色い枯葉が二枚ひらひらと

   一緒になってゆっくり

      舞い降りて来たの

   目の前で散って行くのを見ると  

      全身がへなへなとへたれ込むけど

  たった二枚がひらひらと

    一緒になってそっと舞い降りて来たから

  「いいなあ!」とほのぼのした







| 06:53:00
幸せの色

  透明な細長い筒の中で

    赤白青の帯がくるくると

  斜めになって上へ上へと回っていたの

    すごい勢いで回っていたの

  明るいライトの中で

    くるくると回り続けていたの

  明るく静かに回り続けていたの 

    ただ見ているだけで

  理髪店の前で幸せになったの

  

    



| 06:56:00
白菜

  白菜を初めて育てた

    だんだん虫に食われて

  外はぼろぼろになった

    虫食いをはぎ取っていくと

  なめくじやよとう虫がぽろぽろ出てきた

    大量の糞もあった

  もっとはぎ取ると

    中は虫食いがなく綺麗なままだった

  白菜は逞しかった

       牛乳でとろとろ煮て食べた







| 06:57:00
雨音

  あの頃は雨音を聴いて

    泣いていた

  夜の海の砂浜に

    降る雨音に泣いていた

  時々夜の砂浜に

    雨音を聴きに行った

  雨が誰もいない砂浜で

    しんしんと悲しい音で降っていた

  今わが家に降る雨はうるさい

    バシャバシャと派手にうるさい

  雨は降る場所で音を変えるのね







| 06:57:00
ジョウビタキのクリスマス

  クリスマスの歌がアップテンポで

    広場に流れてると

  ジョウビタキが一羽ふわりと

    舞い降りた

  黒と白のシックな装いで

    つつつつつーつつつつつーと

  小刻みにステップを踏んで

    小首を前後に振って

  右へ行ったり左へ寄ったり

    いい感じで踊ってた

  するとざくざくと大勢の人がやって来た

    「あぁ踏まれる!」と思ったら

  ふっと消えてしまった

        

        




  



| 06:51:00
牛になれ

  がつがつと食べるより

    だらだらと食べる方がいいらしい

  犬のようにぺろりと平らげるより

    牛のようにゆっくりと噛むのがいいらしい

  一口30回は噛んでほしいらしい

    でも昔から

  一気にぺろりと完食してしまうの

    どうしたらいいの?

  「誰の為でもないの

    自分の為なの

  牛になって頑張れ!」







| 07:13:00
コーヒー

  昔はコーヒーが大好きだったの

    ブラックの苦さに痺れたの

  漂う香りがたまらなかったの

     長い年月夢中になったの

  気持ちが飲みたくなって

    飲む時もあるけど

  体がNGなの

    「気持ちが大事!」と言うけど

  気持ちじゃないの

  







| 07:03:00
蜘蛛にエールを!

  女郎蜘蛛がまだ頑張っていた

    師走も押し詰まって

  冷たい風が吹く中で

    ゆずとみかんの木を糸で繋いで

  あちこちがほころんでいる巣の真ん中で

    腹を真っ赤にし足をふんばって

  頑張ってる姿を見てると

    声をかけてあげたかった

  「寒い中よく頑張ってるね

    ファイト!ファイト!ファイト!

  頑張れ!頑張れ!頑張れ!」

    






| 06:54:00
次のページ