FC2ブログ
 
■プロフィール

あいあい

Author:あいあい
はじめまして
詩と花と野菜を作っています
お粗末な詩を読んで頂き
ありがとうございます
頑張ります

■最新記事
■最新コメント

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR


   昔の家には棚があった

     長い板が一枚部屋の上に渡してあった

   いらない物は取り合えず棚に上げた

     部屋がスッキリした

   ボタモチも棚に上げた

     何かの拍子に落ちてきた

   何でもかんでも棚に上げっぱなしなので

     ネズミが巣を作って住んでいた

   今は棚がないので

     全部押し入れに突っ込んでいる

   でも大切なものは棚に上げて置きたい




     



| 07:41:00
今が一番いい


   木の根が走っている斜面で

     根の輪っかで根と根の谷間で段々で

   思い思いに居心地のいい場所を占めて

     黄緑色のコケが生えている

   もう少しすると木の葉が生い茂る

     今は青空が見える

   「今が一番いい!」






| 07:26:00
ジョウビタキの恋


   広場にジョウビタキがいた

     あっちへ行ったりこっちへ来たり

   くちばしで地面を突っついたり

     地面にくちばしをこすり付けたり

   通り過ぎる人の脚を眺めたり

     と、パッと飛び立ったから

   慌てて目で追いかけたら

     もう一羽と急接近して鳴き合って

   猛スピードで一緒に飛んで行った




     



| 07:33:00
空もよう


   こんなにも気が滅入るのは

     空もようのせい

   やる気が全然出ないのは

     この空のせい

   灰色のカーテンが空に引かれて

     青空が見えない

   雲のカーテンがサッと開いて

     青空がチラッとでも見えたなら

   私はパッと元気が出るの






| 07:21:00
鈴かけの鈴


   大きな鈴かけの木には

     無数の鈴が掛かっている

   こげ茶色の小さな鈴は

     チリンとも鳴らない

   大きな葉が秋に散りきっても

        鈴は落ちない

   一つの願い事を一つ一つ

     鈴にかけて

   願い事が叶う日まで

     古い鈴を落としては

   新しい鈴をかけているの?


   



| 07:40:00
春の声


   恋人を呼ぶときは

     ア~ア~ア~ア~ア~

   恋人の取り合いでもめてるときは

     カーカーカーカーカー

   恋人を取られそうなときは

     ガーガーガーガーガー

   けんかを止めに入ったときは

     アーアーアーアーアー

   「愛してるよ!」とか

     「あっち行って!」とか

   「ムリ!ムリ!」とか

     「まあ!まあ!まあ!」とか

   春になってカラスの声が一段とデカくなった


   



| 07:41:00
応援


   運動会の"借りもの競争”はメモに書かれた

     借りるものを借りてゴールへ走る

   知らないおじさんやおばさんの所へ走って行って

     借りたいものを伝えると

   「ほらほら持って行きんしゃい」と

     みんな親切で困っている人に貸してあげる

   貸してもらったものを持って全力で走る

     ワーワーと応援の声がわき上がる

   人ごとだけどめっちゃ感動する


   




| 07:32:18
新型コロナ


   私「雑巾はしぼるもの                        

     ギュギュっとよくしぼるのよ

    知恵もしぼるもの

     ギュギュっとよくしぼるのよ」

   自分「知恵は雑巾とちがうの

       目に見えないの

     めっちゃ難しすぎるよ

      新型コロナもめっちゃ難しすぎるよ」

   私「でも一人一人が知恵をしぼって

      実行すればきっと

     うまくいくよ」






| 07:21:00
バスに揺られて


   バスが遅れて来ても許すように

     バスがノロノロ走っていても許すように

   バスが後ろの車に次々と追い抜かされても許すように

     バスのような自分を許して

   バスに揺られて恋人と行く旅の気分になって

     






| 07:12:00
きまじめ


   私はきまじめで

     学校を一日も休まなかった

   きまじめ過ぎて

     きまじめを呪った

   「卒業までに一回はズル休みをすべきだ」

     きまじめに考えた

   珍しく大雪が降った朝

     いつものように公園を通り抜けた

   いつもの公園は草も木も皆真っ白になっていて

     太陽にまぶしく輝いていた




     



| 07:34:00
次のページ