FC2ブログ
 
■プロフィール

あいあい

Author:あいあい
はじめまして
詩と花と野菜を作っています
お粗末な詩を読んで頂き
ありがとうございます

■最新記事
■最新コメント

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

強制収容所

  

         「強制収容所に入りたい!」と思う

           人は一人もいないだろう

         でもウイグルとチベットでは

           強制収容所が沢山あり

         沢山の人が入れられていると言う

           今もどんどん建てられていると言う

         この情報が本当なら

           アウシュヴィッツ強制収容所の

         悪夢の再現!



| 07:16:00
がんばれ!
  
        祖母は腰や肩が痛くなると
          こぶしで
        「とんとんとん」と叩いた
          まねてみた
        「とんとんとん」と叩いてみた
          めちゃ気持ち良かった
        「とんとんとん」と背中も叩いてみた
          自分が自分で自分を必死に励ましていた
        「めげずにがんばれ!」


| 06:30:00
鴉は鳴く
  
            鴉はいつも鳴いている
          朝起きた時も
        夕べねぐらに帰る時も
          飛んでる時も
        止まってる時も
          仲間といる時も
        一人でいる時も
          でかい声でかーかーと
        無駄に鳴いている
          でかい声で無駄に鳴いて
        無理にでも元気を出してるのだろうか?


| 05:54:00
ツイッター

  

          小鳥が朝から庭先で

            痺れるほど

          甲高くて甘ったるくて

            超早口で喋っていた

          「だから言ったでしょ!

            あの人も好きなのよ

          君が好きなのよ

            きっと好きなのよ

          絶対好きなのよ

            死ぬほど好きなのよ

          大好きなのよ

            信じてあげて!」

          ひとしきり鳴いて飛んで行った



| 06:32:00
からすの意地
  
          からすにも意地がある
            やられたらやり返す
          頭の上にふんを落とす
            小石を落とす
          すぐやり返す
            きっとやられっぱなしより
          すっきりするんだろうな


| 06:47:00
賢いきみ
 
          漢字が思い出せなかった
            賢いの右上が思いつかなかった
          パソコンにかしこいと打った
            賢いと出た
          「又だった!」
            きみが分からなかった
          きは黄だろう
            みは味だろう
          「身だった!」
            ブログで必要な漢字はすべて
          パソコンが教えてくれた


| 06:00:00
天国の天気

 

         家族は毎日天気の話をしていた

           晩は雨だ

         明日は晴だ

           あさっては雨だ

         朝焼けがしたから

           夕焼けが真っ赤だったから

          東風が吹いたから

           下駄がひっくり返ったから

         燕が低く飛んだから

           猫が顔を洗ったから

         天国でも天気の話をしてるのかな?

           「天国の天気はどうですか?」



| 06:17:00
好き嫌い

 

          猫が昔庭先をよく通り過ぎた

            時々家の中を覗いた

          若くて細くてしなやかで

            美しい目の賢そうな顔だった

          食べ物を出してやると

            恐る恐る近づいて食べた

          ある日何もないので

            茹で玉子を割って置いた

          黄身だけ食べて去った



| 06:29:00
恋の歌

  

          こおろぎの歌は恋の歌

            瞳を閉じて

          じっと聞いていたら

            恋する君を思い出した

          こおろぎの歌は恋の歌

            恋する気持ちはみんな同じ

          こおろぎも私も同じ

            報われる日まで

          鳴き続ける!       



| 06:34:00
愛するマスク

  

        マスクはコロナを防ぐだけではない

          人に顔を見られたくない

        シャイな私はないでは済まない

          せずにはいられない

        冷房が効きすぎたスーパーでは

          凍える私を守ってくれる

        冬の冷たい北風とも戦ってくれる

          マスクを私は愛する



| 06:26:00
次のページ